立憲民主党 前参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

トピックス

5月17日  公務員制度改革PTがスタート

掲載日:2022.05.17

立憲民主党の政調内に設置された公務員制度改革PTの第1回会合が開催されました。

民主党政権時に公務員に団体交渉権と団体協約締結権を付与するという自律的労使関係制度を措置することを目的とした国家公務員制度改革関連4法案、地方公務員制度改革関係2法案を提出しましたが、衆参のねじれ国会であったため廃案となった経緯があります。

その後の自公政権の下では、現在に至るまで公務員制度改革を進めようとの声は政府与党から聞かれません。しかし、最近は国家公務員の問題として、若年退職者増加と国家公務員志望者減少が指摘されるようになっています。長時間労働ややり甲斐の問題が原因として上げられます。これまで漸減されてきた定員のために大規模災害や新型感染症という危機対応で更に長時間労働となっている実態もあります。また、政治主導が強くなりすぎて言われた仕事しか出来ず、やり甲斐を感じられないという声もあります。労働者としての公務員が希望を持って働くことができる環境を整えるためにも、公務員制度改革は必要なのだと考えます。

立憲民主党内のPTは、江崎孝が各所に働きかけて設置されたものです。PT座長には大島敦衆議院議員、後藤祐一衆議院議員と江崎孝が座長代理、事務局長には岸まきこ議員、吉田忠智議員も幹事を務めるという役員体制で発足し、党内議論を経て将来的には議員立法の提出をめざします。精一杯議論を前に進めるよう、残された任期の中で頑張ります。

メールマガジン登録
アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

カテゴリー

RSSフィード

RSSフィード

各種受付

関連バナー


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.