立憲民主党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

写真日記 一覧を見る RSS

写真日記

2021.07.06 7月6日都市公共交通に関する要請

自治労都市公共交通評議会(都市交評)による国土交通省への予算要請を行いました。参議院議員会館にて、都市交評の福田議長をはじめ役員の皆さんが国土交通省へ要請書を手交しました。また、国土交通省の総合政策局、自動車局、鉄道局のそれぞれご担当者より、重点要請事項に関して現状と当面の考え方等についてご説明いただき、その後、意見交換を行いました。参議院国土交通委員長である江崎議員は、冒頭に挨拶させていただきました。高齢化、過疎化の進む地方では、地域公共交通の重要性がますます高まっていますが、財政面の課題から経営・維持が難しい状況となっています。地域活性化のためにも地域公共交通へも資源配分を厚くするよう変えていかなければなりません。

2021.06.29 6月28日組織内参議員と自治労との懇談会

204回通常国会は、野党がコロナ禍対策等について対応するため国会延長を求めたにもかかわらず、与党の拒否により150日間の会期をもって616日に閉会しました。

国会開会中には、平時の自治体の公共サービス関係の課題に加えて、自治体におけるワクチン接種関連、新型コロナ感染症対応を行う医療現場や保健所の状況、コロナ関連の各種支援事業への対応など、次から次へと新たなコロナ対策の課題が明らかになりました。

組織内参議院議員である江崎議員、吉田忠智議員、岸まき子議員の3名と自治労本部役員とで、この通常国会を通じて、自治労と組織内議員や協力議員との間での課題と情報の共有化、連携の仕方がどのように図られ、どのような成果があり、また今後の課題が残されたかについて意見交換する懇談会を開催しました。

ワクチン接種については、現場情報を持たない厚労省よりも、現場の声が分かる、現場情報を持つ自治労が、組織内議員や協力議員と連携することで、政府に改善を実現させたことが多くありましたが、連携の部分で課題もあったことが確認されました。

また、来年の組織内予定候補である鬼木まことさんの今後の活動と、組織内参議院議員3名による支援の取り組みについても議論しました。

現職の組織内議員3名は、今後も自治体の課題を解消するため、さらに鬼木まことさんを新たな組織内議員とするため、より緊密に自治労と連携していくことを確認しました。

(さらに…)

2021.06.18 6月18日日高教から要請を受けました

党の企業団体交流委員長代理として、日本高等学校教職員組合(日高教)吉川委員長、永井書記長より要請を受けました。党からは、企業団体交流委員長近藤昭一衆院議員、同副委員長森屋隆参院議員、文部科学部会長斎藤嘉隆参院議員が出席しました。
「児童生徒一人ひとりに充実した教育」を保障するためには、教育関係予算の大幅な増額とともに、教職員定数や教職員の待遇・勤務条件等の改善、施設・設備の充実を図る必要があり、各課題ごとに説明を受けました。
特に教育関係の予算はあまりにも少なく、これには根本的な仕組みを変えなければならず、政治の力が必要であるとお伝えしました。
課題が山積していますが、党として働き掛けを行ってまいります。

 


写真日記一覧


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.