立憲民主党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

写真日記 一覧を見る RSS

写真日記

2020.10.08 10月7日地公退による総務省要請に同行

例年この時期に地方公務員退職者協議会(地公退)役員の皆さんをご案内して、総務省に要請を行っています。今年も足立地公退会長をはじめ5名の役員とともに、江崎議員、岸まきこ議員が同行し、総務省公務員部長に要請を行ってまいりました。要請は、将来を見据えた世代を超えた合意形成による制度の確立、マクロ経済スライドのあり方などの年金制度に関すること、地域包括ケアネットワーク基盤の計画的整備のために必要な財政措置などを中心に意見交換を行いました。総務省からは山越伸子公務員部長のほか、福利課長、調整課にもご対応いただきました。

2020.09.10 9月10日新党の代表に枝野代表、新党名は「立憲民主党」を...

本日、合流新党の代表ならびに党名の選挙が行われ、投票の結果、代表は「枝野幸男」さん、そして党名は「立憲民主党」と決定しました。

新党は915日の結党大会にて正式に発足します。新たな「立憲民主党」に結集した149名の仲間とともに、枝野代表の下、立憲主義にもとづいた、国民の声に寄り添った新しい政治を実現するため、頑張ってまいります。

2020.07.27 7月24日枝野代表と福岡県南の豪雨災害現場を視察

7月初旬の豪雨で、福岡県は南部を中心に、浸水などの被害が発生しました。

7月24日、立憲民主党の枝野幸男代表が福岡入りし、被害の著しかった大牟田市、久留米市の現場を訪問しました。江崎議員はこれに随行し、共に現場の実態を確認するとともに、県南部の実情について、枝野代表に説明等を行いました。

この日は、前日から明け方にかけての豪雨により、県を始めとする行政が災害対応にあたることになったため、県副知事や市長からの要望等を伺うことは叶いませんでしたが、特に被害の大きかった現場に赴き、被災時の実情を聞くことができました。

大牟田市では、急激な水位上昇により故障し、排水ができなかった三川ポンプ場を視察の後、深刻な浸水被害のあったみなと小学校、および立憲民主党福岡県連合青年局がボランティアでお世話になった、三川地区包括支援センターを訪問しました。

午後からは久留米市を訪れ、筑後川河畔の枝光ポンプ場を訪問しました。

今年は雨の降る期間が長く、例年に比べ梅雨明けが遅れています。また、新型コロナウイルスの感染者が増加にある中、避難所の運営だけでなく、ボランティアの受け入れなどにも、慎重にならざるを得ないのが現場の実態です。現場の自治体にとどまらず、国政として、現場の実態に即した国家的制度施行が必要です。


写真日記一覧


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.