立憲民主党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

写真日記 一覧を見る RSS

写真日記

2019.02.20 2月20日原子力問題に関する質疑

江崎議員が理事を務める「資源エネルギー調査会」にて原子力問題に関する質疑が行われました。資源エネルギー調査会では、原子力等エネルギー・資源の安定供給の課題と、地球温暖化など環境への影響について、有識者の意見陳述などを踏まえながら調査しています。

今回は、原子力規制委員会からの活動状況報告の聴取と、報告に関する質疑が行われました。

江崎議員は質疑において、フィルターベントの必要性と設置猶予期間について、また近頃頻発している原発での火災トラブルへの対処方法、再稼働に対する新たな規制基準の評価などについて取り上げ、原子力規制委員会や経済産業省の見解を求めました。

2019.02.12 2月9日奈良県での駆け足での活動

この日の早朝、小雪の舞う東京を発ち、奈良県に向いました。昨年1226日に立憲民主党奈良県連合会が設立され、江崎議員が県連代表に就任したため、以来、奈良県には年明けからの一ヶ月で3度入っています。11時前に着いた奈良市は、晴天に恵まれていました。

到着後すぐに、自治労奈良県本部第101回中央委員会にお邪魔し、ご挨拶をさせていただきました。江崎議員は、自治労組織内議員・立憲民主党奈良県連合代表というそれぞれの立場での挨拶で、統一自治体選挙と参議院選挙での勝利をめざして、県本部の皆さんとともに頑張ると決意を述べました。特に参議院選挙では、比例区で「岸まきこ」さんの圧倒的な勝利と、奈良県選挙区で野党統一候補を実現して貴重な一議席を勝ち取ることで、一強多弱をひっくり返して安倍政権を退陣に追い込もうと呼びかけました。

その後、月例開催の党奈良県連の常任幹事会に出席しました。さらに、それぞれ短時間ずつでしたが、4月の統一自治体選挙の前半戦である奈良県議会議員選挙に立憲民主党から立候補を予定している5名の方の事務所を訪問し、準備の状況について確認させていただきました。

立憲民主党奈良県連の常任幹事会にて

 

2019.02.08 2月7日総務委員会での質疑


参議院予算委員会での2018年度補正予算案の審議終了後、参議院総務委員会が開催され、補正予算関連の地方交付税法改正案が審議されました。

江崎議員は、立憲民主党・民友会・希望の会を代表して35分間の質疑に立ちました。質問では、交付税総額を確保するためには法定率を引き上げるべきとのことへの総務大臣の所見、基金残高の理由として交付税を削減しようとの財政審・財務省の動きに反対すべきだが大臣の所見、補正の特別交付税で災害対応としての財政措置は十分であるか、さらに消防職員の安全対策について、などを取り上げました。石田総務大臣に質問するのは初めてでしたが、首長経験者である石田大臣からは、地方財政に対する思いは同じであり、政府部内で頑張るとの答弁がありました。その点では立場を越えて、地方のためにともに頑張ってまいりたいと思います。

石田総務大臣


写真日記一覧


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.