立憲民主党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

トピックス

6月15日 最後の国会を終えて

掲載日:2022.06.15

第208回通常国会の最終日を迎えて閉会前の本会議が開催され、令和2年度決算、子ども家庭庁関連法案やAV被害防止救済法案などの採決がありました。

本会議終了後、立憲民主・社民会派として今国会最後の議員総会が開催され、引退議員の慰労と改選議員の激励が行われました。同じ会派所属議員のうち、今国会で小川敏夫副議長、郡司彰元副議長、鉢呂吉雄議員、芝博一議員、那谷屋正義議員、難波奨二議員、真山勇一議員に江崎孝の8名の議員が引退します。引退議員それぞれが挨拶の言葉を述べられ、会派からの花束と記念品の贈呈がありました。江崎孝は挨拶の中で、「立憲民主党を立ち上げ、最初は6名から会派はスタートした。今は人数が増えているが、これからもっと増やして政権を目指すことができるよう、残る皆さんに託したい。立憲主義と民主主義を守るのは立憲民主党しかない。誇りを持って頑張って下さい。」と仲間の議員に激励の言葉を述べました。

続いての花束贈呈では、岸まきこ議員が江﨑に花束を手渡ししていただきました。

その後、改選議員の必勝を期してガンバローで締めくくられました。

本日が江崎孝の12年間の参議院議員としての国会活動の最終日となりました。江﨑も「これで本会議場に入ることがないと思うと感慨深い」としみじみと語っていました。成立のために取り組んだもの、安保法制や特定秘密保護法など成立を止めたいと取り組んだもの、様々な法案の採決に臨んだことが思い出されたようです。

しかし、国会は終わってもまだ任期は残されています。在任中一杯は各地を回って、付託をいただいた皆さんのために働きたいと思います。

メールマガジン登録
アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

カテゴリー

RSSフィード

RSSフィード

各種受付

関連バナー


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.