立憲民主党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

トピックス

3月31日  公務員の労働基本権確立をめざして

掲載日:2022.03.31

2008年に成立した国家公務員制度改革基本法では12条において、政府は「自律的労使関係制度を措置する」とされていますが、具体化がはかられず放置され続けています。

先月16日に江﨑が内閣委員会での質疑で取り上げたように、11次にわたってILOから勧告を受けているにもかかわらず、政府は公務員の自律的労使関係制度の確立にむけた措置を怠ってきています。立憲民主党は、政府が動かないのであればと議員立法「国家公務員法党の一部を改正する法律案」を衆議院に提出していましたが、昨年の解散により同法案は廃案となってしまいました。

本日、公務労協より、立憲民主党に対する「公務員の労働基本権を確立するための法制度改革の実現について」の要請を受けました。世界の常識となっている公務員への労働基本権付与を実現するため、必要な法制度改革について検討・立案し、政府や他党とも議員立法成立に向けた協議等に全力を傾注するよう求めるものです。泉健太代表、小川淳也政調会長に大島敦衆議院議員、後藤祐一衆議院議員、吉田忠智、岸まきこ、江﨑の組織内参議院議員にて要請をお受けし、今後、立憲民主党内において法制化に向けて議論をすすめることをお約束しました。

メールマガジン登録
アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

カテゴリー

RSSフィード

RSSフィード

各種受付

関連バナー


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.