民進党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

トピックス

12月5日  政府への2つの申入れ 都市公共交通政策とイージス・アショア

掲載日:2017.12.06

5日の午後は議員会館内にて、自治労都市公共交通評議会の国交省要請、さらに平和フォーラムによる防衛省要請を行いました。

自治労都市公共交通評議会による国土交通省に対する要請では、都市交評の来年度予算編成に関する要請書を手交したのち、要請内容に対する各担当者からの回答を聞き、それを踏まえて意見交換を行いました。都市交評からは前日の総務省要請に引き続いて参加の宮崎昌治議長、上野壽治副議長に加え、各単組の委員長にもご出席いただきました。公共交通にとって厳しい経営環境の中、規制緩和により更に難しい状況が生じる事例を伝えるなど、現場目線からの意見交換が出来ました。

IMG_2583IMG_2608

IMG_2615

 

 

 

引き続いて、防衛省の担当者に出席していただき、「イージス・アショア」の配備計画の撤回を求める要請を行いました。北朝鮮の危機が喧伝される中、防衛省は弾道ミサイル防衛(BMD)システムの導入を検討し、来年度予算概算要求に事項要求(予算要求金額を明示せず政策項目のみ記載すること。政策の制度設計、事業規模、開始時期などは予算編成時に決定する)していましたが、トランプ大統領の訪日後に、防衛省が「イージス・アショア」を導入し山口県、秋田県に配備する方針を固めたと報道されました。

その閣議決定が12月中旬に予定されているとのことから、山口県平和フォーラムの桝本議長(自治労山口県本部委員長)、山下事務局長(山口県本部書記次長)、秋田県平和運動センターの桜田共同代表、佐藤事務局長らが上京し、閣議決定前に配備計画の撤回を求める要請を防衛省に対し行ったものです。防衛省側からは、「どのようなBMD対応とするか、配備候補地を含めてまだ検討中である」と主張し、1時間にわたる要請にも具体的な回答はありませんでした。今回は不満の残る意見交換内容となりましたが、今後も引き続き撤回を求める取組を継続することを確認しました。

IMG_2632

防衛省側に要請書を手交する桝本議長(右)と櫻田共同代表

防衛省側に要請書を手交する桝本議長(右)と櫻田共同代表

メールマガジン登録
アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

カテゴリー

RSSフィード

RSSフィード

関連バナー


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.