民進党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

トピックス

4月13日  臨時・非常勤職員の処遇の改善に向けて-法案質疑に立つ

掲載日:2017.04.13

IMG_0441

これまで「法の谷間」におかれてきた臨時・非常勤等職員について、法的位置づけを明確化し適正な任用等を確保するとともに、期末手当の支給を可能とする処遇の改善を内容とする内閣提出の「地方公務員法及び地方自治法の一部改正案」が国会で審議されました。

審議にあたり、民進党からは江崎議員、那谷屋議員が質問に立ちました。

江崎議員は質疑の中で、①この法改正が非常勤職員の増加に繋がらないこと、②会計年度任用職員の給付体系をフルタイムと短時間で分けたことでフルタイムの非常勤職員が短時間の会計年度任用職員への任用されることとならないこと、③期末手当など処遇改善の経費が地財措置として確保されること、④法施行によって賃金労働条件について不利益を被ることなどが起きないこと、⑤法施行の状況について調査・検討を行うとともに必要に応じて適切な見直しを行うことなど、厳しく総務省に求め、明確な答弁を得ることが出来ました。

この法案は明日の参議院本会議に上程され、賛成多数で可決される見込です。その後、衆議院に送付され、衆議院総務委員会での審議、衆議院本会議を経て可決・成立となるのは今月末でしょう。

法案の内容は決して十分なものとは言えませんが、「法の谷間」にある臨時・非常勤等職員の皆さんの処遇改善として前進であることは確実です。早期に成立させるとともに、法の内容が確実に実施されるよう、今後、総務省から発出される通知やマニュアルの内容についても引き続き注視してまいります。

IMG_0425DSC_0029

20170413【参院】総務委(地方公務員・地方自治法改正案)附帯決議

メールマガジン登録
アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

カテゴリー

RSSフィード

RSSフィード

関連バナー


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.