民進党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

トピックス

2月13日 山口県本部保育集会で保育士の皆さんと意見交換

掲載日:2016.02.13

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山口市で開催された「自治労山口県本部社会福祉評議会保育集会」に参加しました。

およそ40名の参加者の皆さんは事前に7班に分かれてグループ討議を行い、議員の国政報告の後、グループで出し合った職場の実態や、直面する課題などについて、情報交換されました。

参加者からは「保育士という職種はいつも、子どもたちの『将来なりたい職業』の上位を占めるが、実態としては保育士の賃金水準や処遇が良くないので、なり手がいない。地域の子育て政策を維持していくためには、処遇改善は必要なことのではないか」

「保育所の基準が示されているが、これは最低限必須なことで、『順守されているから良い』というものでなく、改善に向けて努力しなくてはならないと思う」

「現場では、正規職員と非常勤職員とで、仕事のシフトを組む際のあつれきなどもあるが、加えて国の方針では、無資格の保育士の許容も出されていて、これから先、子どもたちの健康や安全を守るという意味では保育業務に不安が増している」

「煩雑な事務を効率化できるよう、行政としての仕組みを見直せないか」

などの意見が出されました。

えさき議員は「国会の中でも訴え続けていく。現状は与党が圧倒的に数で有利なため、困難な局面もあるかもしれないが、本会議、委員会に加え、厚労省に聞き取りなども行っていく」と答え、また参加者の皆さんに「現場で子どもの命と成長を預かる皆さんが、保育そのものを守るためには、現場で考え、分析し、交渉していくことも大切。現場と政治の場で、ともに頑張りましょう」と訴えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加者各グループからは、直面するさまざまな課題が訴えられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

集会後は、全員で記念撮影。「ピース」でしょうか?「Vサイン」でしょうか?

メールマガジン登録
アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

カテゴリー

RSSフィード

RSSフィード

関連バナー


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.