立憲民主党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

トピックス

10月6日  鳥取県東部から島根へ

掲載日:2015.10.07

鳥取県職連合にて

鳥取県職連合にて

岩美町職労の皆さんと

岩美町職労の皆さんと


智頭町職労では、強行採決の顛末を説明

智頭町職労では、強行採決の顛末を説明

昼休みに待っていてくださった智頭病院労組の皆さんと

昼休みに待っていてくださった智頭病院労組の皆さんと


議員の左隣りは若桜町職労の上川恭子委員長。書記長も女性だそうです

議員の左隣りは若桜町職労の上川恭子委員長。
書記長も女性だそうです

「国会ではご奮闘でしたね」と八頭町職労の皆さん

「国会ではご奮闘でしたね」と八頭町職労の皆さん


昨年自治労加盟の鳥取市立病院労組の皆さん

昨年自治労加盟の鳥取市立病院労組の皆さん

鳥取市社協労組の皆さんと

鳥取市社協労組の皆さんと


中国地方訪問の二日目は、鳥取県東部を回らせていただきました。

最初は、この日県人事委員会勧告が出るという鳥取県職連合へ。かつて民主党政権下で総務大臣を務めた片山善博元知事に触れつつ、これからの独自性をもった自治のありようについてのお話をさせていただきました。

続いては県最北端に位置する岩美町職連合へ。今回の案内を務めていただいた鳥取県本部の江口副委員長の出身である智頭(ちず)町職労では、ご要望に応え、9月16~17日の参議院における安保関連法案強行採決の混乱ぶりを、黒板を使って解説。智頭病院労組では、入院患者の平均年齢が80才を超え、医師・看護師不足の状況下での地域医療について、意見交換をさせていただきました。
その後、若桜(わかさ)町職労、八頭(やず)町職労、鳥取市立病院労組、鳥取市社会福祉協議会労組を訪問し、夕方のJRで島根県は安来(やすぎ)市へ。安来市職労で国政報告のあと、交流会に参加しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

役員およそ50名が集まった安来市職労での国政報告会。
会場の壁には、議員のポスターと並んで「安来節(どじょうすくい)」の額が

鳥取は、石破茂地方創生担当大臣のお膝元です。訪問した自治体単組には、総務部門に「地方創生室」「ふるさと創生課」の表示が。単組での意見交換でそのことにも触れさせていただきました。「まち・ひと・しごと創生方針」が定まるずっとずっと以前から、まちづくりの独創性や、住民にとって住みよいまち、交流人口の期待できるまちづくりなどについて、全国の自治体は模索を繰り返してきました。地域の発想と行動によるそのまち“ならでは”のまちづくりが尊重されるよう、決意もこめてごあいさつしました。

八頭町「地方創生室」のプレート

八頭町「地方創生室」のプレート

智頭町職労にて

智頭町職労にて

メールマガジン登録
アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

カテゴリー

RSSフィード

RSSフィード

各種受付

関連バナー


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.