立憲民主党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

トピックス

1月26日 自治労協力国会議員団会議で今国会の課題を議論

掲載日:2021.01.26

毎国会の冒頭に恒例の自治労協力国会議員団会議を開催しました。今回は、コロナウィルス感染症対策として、議員団会議初のリモートで開催となりました。一応、参議院議員会館内の会議室に会場も設置しましたが、江崎団長のほか、岸まきこ、近藤昭一、大島敦、逢坂誠二、吉川元の各議員は会場参加でしたが、他のほとんどの議員は各事務所からリモート参加でした。

今国会の課題として、地方税財源の確保による地方財政の確立、新型インフル特措法並びに感染症の改正について、新型コロナウィルスワクチン接種の課題、政府提出予定のデジタル改革関連法案、公務員の定年延長の実現などについて自治労から説明を受け、参加議員からの質疑・意見交換が行われました。

コロナ禍により国税・地方税が大幅減収とった中で地方一般財源総額は確保されましたが、減収分は後年の借金として地方が返していかなければならない点ことから、税源の法定率の見直しなど地方財源の充実のための検討が必要です。また、特措法の改正内容やワクチン接種など、自治体が関与する業務が増え、自治体職員の負担が増大することは明白です。

様々な課題に対し自治労と連携して、自治体現場に混乱を招かないよう政府側へ要請してまいります。

メールマガジン登録
アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

カテゴリー

RSSフィード

RSSフィード

各種受付

関連バナー


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.