立憲民主党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

トピックス

6月12日(金) 議員立法の提出

掲載日:2020.06.12

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のための自粛によって起こった減収等の様々な影響に対する各種支援について、申請等が対面でないと行えない、手続きが複雑、支給まで時間がかかるなどの問題が生じています。

手続を迅速化することで、支給を必要とする者が必要な支援を迅速に受けることができるようにするための手続迅速化の法案(「新型コロナウィルス感染症関連支援手続迅速化法案」)を共同会派(立憲、国民、社民、社保、無所属)で議論の上で議員立法として取りまとめ、本日、参議院に提出しました。

提出には、立憲民主党から江崎議員、小沼巧議員、国民民主党から森本真治議員が出席し、参議院事務総長に法案を手渡しました。その後、記者クラブでブリーフを行いました。

提出した法案では、新型コロナウィルス感染症関連支援に係る手続きの迅速化に関して公的支援機関等が講ずべき必要な措置として、本人確認の簡易化、入力方法の簡易化、入力情報の最小限化、押印省略、提出書面の様式等の簡易化といった「申請等の簡素化・迅速化」と、合わせて迅速に支援を提供するための体制整備、支援事務を行う職員が負うべき責任の減免、国による地方公共団体や支援を行う機関等への情報提供ならびに財政措置を含めた「支援の提供の迅速化」を骨子としています。

他党にもご賛同いただき、ぜひとも成立させたいと考えています。

メールマガジン登録
アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

カテゴリー

RSSフィード

RSSフィード

各種受付

関連バナー


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.