立憲民主党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

トピックス

4月19日 「地方自治における公共交通のあり方を考える議員懇談会」設立総会

掲載日:2019.04.19

地域では過疎化による地方の衰退が進行し、限界集落や買物難民などの問題が指摘されている中、その原因の一つに、地域公共交通の廃止や劣化が上げられています。住民生活にとって重要な公共サービスであり、地域社会を支えるインフラでもある地域公共交通を維持し、活性化させることが住民生活と地方自治を守ることにつながるとの考えから、公共交通政策課題や交通職場の労働環境について調査、研究に取り組み、「住民・利用者のための公共交通政策」の実現をめざすことを目的として、「地方自治における公共交通のあり方を考える議員懇談会」が設立されました。

野党各党の多くの国会議員に出席いただき開催された設立総会では、自治労から川本淳中央執行委員長、福田智都市公共交通評議会議長が挨拶に立ち、地域公共交通の現状や議員懇談会の設立趣旨の説明などがありました。続いて議員懇談会役員案が提案・承認された後、事務局長に就任した江﨑孝議員が司会を務め、会長に選任された近藤昭一衆議院議員から就任と今後の活動への決意を込めた挨拶がありました。また、國眼恵三自治労本部交通政策局長から、議員懇談会としての問題意識の共有のため、公共交通をめぐる課題について提起されました。

住民生活と密接で重要な公共サービスである地域公共交通の守るため、議員懇談会を通じて公共交通政策の充実を図ってまいります。


メールマガジン登録
アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

カテゴリー

RSSフィード

RSSフィード

各種受付

関連バナー


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.