立憲民主党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

トピックス

6月7日 「高校生平和大使」ノーベル平和賞候補報告会

掲載日:2018.06.08

核兵器廃絶と平和な世界の実現を求める署名を毎年国連軍縮会議に届け、会議でのスピーチや各国代表との交流などを行っている「高校生平和大使」については、以前の活動報告でもご紹介しました。

20年にわたる「高校生平和大使」の活動が、ノーベル平和賞受賞にふさわしいとして、『「高校生平和大使」にノーベル平和賞を!実行委員会』を立ち上げ、超党派の国会議員25名が推薦人となり、ノーベル委員会にノミネート申請をしたところ、2018年ノーベル平和賞候補の一つとして登録されました。

その報告会を議員会館内で開催し、推薦人の一人である江崎議員は司会を務めさせていただきました。報告会には、現役の高校生である第19代から21代の高校生平和大使や、今は大学生となっている高校生平和大使OBOGの皆さん、推薦人となった国会議員、高校生平和大使を支援する方たちなどが出席しました。

出席した高校生平和大使の自己紹介のあと、「高校生平和大使」を代表してノルウェーのノーベル委員会を訪問し、これまでの活動のアピールをしてきた第20代の大使代表からの報告や、ジュネーブでの国連軍縮会議に参加した時の活動報告、高校生1万人署名集め(これまで146万筆以上を集約)などの高校生平和大使の活動について報告されました。報告会に参加した高校生平和大使は、ハキハキと、自分の考えをハッキリと分かり易く伝えることができる、大人顔負けの素晴らしい皆さんでした。彼らの活動が、地球上から核兵器を無くし、平和な世界を築くという大きな「うねり」へと繋がっていくよう、これからもサポートしていきたいと思います。10月のノーベル平和賞受賞者発表を楽しみにしています。

推薦人となった金子源二郎参議院議員(元長崎県知事)、福島瑞穂参議院議員

江崎議員は司会を務めました

前列は19代~21代の高校生平和大使の皆さん。後列はOBOGの皆さん


ノルウェー(オスロー)のノーベル委員会への訪問報告をする第20代大使

ジュネーブでの国連軍縮会議訪問報告をする第20代大使

明るく溌剌とした歴代高校生平和大使の皆さんと

 

 

メールマガジン登録
アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

カテゴリー

RSSフィード

RSSフィード

各種受付

関連バナー


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.