立憲民主党 参議院議員 [比例代表] えさきたかし(江崎 孝)

トピックス

3月28日 地財計画のあり方について質問

掲載日:2018.03.28


2018年度予算案が衆議院から参議院に送付されてから30日目の自然成立の期限となる28日、予算委員会での予算案採決の後、参議院総務委員会が開催され、地方税法・地方交付税法・地財計画の審査が行われ、江崎議員も質問に立ちました。

江崎議員は、地財計画の一般財源総額は地方の努力によって確保されていることから、構造的な欠陥があることを指摘しました。また、給与関係費や投資的経費を削減して、社会保障関係費等の一般行政経費の伸びに対応している現状では、地方は活力を生むことができずに疲弊していくことから、抜本的な対応の必要性を訴えました。さらに、今後に税収増となっても地方財政は増えないため、基準財政需要額の算定を増やすべきこと。トップランナー方式で基準財政需要額を削減することの間違いなどを指摘し、野田総務大臣や総務省と議論しました。

メールマガジン登録
アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

カテゴリー

RSSフィード

RSSフィード

各種受付

関連バナー


このページのTOPへ戻る

Copyright©2014 えさき たかし All rights reserved.